オナニー依存症から抜け出す - オナ禁マンの成功法則

サイト移転しました



  サイト移転しました。

  ⇒オナ禁マンの成功法則

  自動的に新しいサイトへジャンプします

オナニー依存症から抜け出す

オナニー依存も依存症のひとつ


4586200574_f0d4d2d006.jpgB Rosen

日本では、「オナニー依存」、「セックス中毒」という言葉を聞いても、ただ性欲が強いだけ、好きだから頻繁にやっているだけ・・・とある種の個性として受け止められるかもしれませんが、アメリカでは、依存症のひとつ「性依存症」として認知されているようです。


最短で願望実現する方法
パブー:こちら ・DLmarket:こちら
この本について



性依存症とは?


※Wikipediaより
性依存症は、性的な行動に対する嗜癖であり、精神疾患である依存症の一つである。主に性行為(性交渉)への依存が多いため、セックス依存症もしくはセックス中毒とも称される。性的対象に依存している間は、脳内より快感物質が放出されるため、不安から一時的に逃れられるメカニズムにより起こる。

頻繁に「セックス依存症」という呼称が用いられることもあるが、依存する対象は実際に相手のある性交渉だけでなく、自慰行為やポルノへの過度な耽溺および収集、強迫的な売買春、乱交、露出や覗き行為、性的ないたずら電話、インターネットを介したアダルト・チャットなど全ての性的な活動が考えられる。依存者はそれらに性的な興奮や刺激に溺れることが習慣化し、徐々に自己コントロールを失っていく。ギャンブル依存や買い物依存などと同じく「行動への依存」に分類される。


wikipediaの情報ですので、すべて真実とは言えませんが、やはり、性行為や自慰への依存というもは実際にあるようです。

オナニー依存症から抜け出すために


オナニー依存、オナニー中毒というのは、はっきり言って異常な状態です。ただ「性欲が強い」ということでは片付けられません。私の体験からも、オナニーに依存している状態は、異常ですし、正常な判断もできなくなっていると考えられます。

もし、オナニーがやめられない、毎日やらないと気がすまない・・・という状態になっており、なおかつ、日常生活に支障をきたしていると感じている場合は、それが異常であること、依存症であることを認めましょう。現状を正しく認識しない限り、より良い状態へ変化することはできません。

オナニー依存症になる原因


@ストレス
私の体験から言えることは、ストレスをうまく発散できていなかったり、社会生活がうまくいっていない場合、オナニーに依存してしまう可能性が高まると思います。私の場合は、受験勉強のストレスから始まり、その後も勉強や仕事のストレスを感じていたせいで、オナニーという快楽に逃げてしまっていました。

A欲求不満
これは性的な欲求不満もありますが、
その他の欲求(金欲、名誉欲、他人から認められたいという欲、自己実現欲)が満たされない場合にも、オナニーで簡単に欲求を満たそうとします。

B過剰で異常な性に関する情報
ネットが普及し始めてから、アダルトサイトも爆発的に増えてきました。そのほとんどが、性欲を異常に掻き立てる内容です。そういうものに頻繁に触れていると、性に関する情報が偏ったり、性的倒錯に陥る危険性が高まるのは当然です。

解決策


@難しいとは思いますが、ストレスに対処する意志を持ちましょう。まずは、何にストレスを感じているのかはっきりさせることです。曖昧なままでは、曖昧な結果しか得られません。ストレス要因はなんなのか、なぜストレスを感じてしまうのか、解決のためには、まず、現状を正しく把握することです。
 (実は、把握するだけで、楽になる場合もあるのです。) 

A様々な欲求がバランスよく満たされているでしょうか?欲を持つということは悪いことではありません。ただバランスを失うと、依存や中毒に陥ることになります。今、どんな欲求が満たされていないのか考えてみてください。

Bアダルト情報から身を遠ざけてください。
最初の一時でいいですから、エロ禁を実行してください。最初は無理やりでもやってください。とにかくエロ情報を遠ざけるのです。過剰な性に関する情報から遠ざかることで、ニュートラルな状態へ戻るのです。
 
C心からやりたいことをやりましょう。依存していて、やらずにはいられないことではなく、本当にやりたいことです。すこしつづでいいですから、好きなことをやってください。今できることから始めるのです。⇒最短で願望実現する方法

依存症から抜け出す方法としてオススメの記事をご紹介します。
シンプルですが、効果はかなりあると思います。

依存から抜け出す方法

依存は必要ない


人間というのは、本来大きな力を持っているものですが、間違った考え方のせいで、他人や物に依存したり、アルコールや性に依存しなければならないほど弱い存在になってしまっています。何かに依存してしまうと、人生をコントロールするのが難しくなります。本来、人間が幸せになるために、必要なものはそれほど多くありません。自分の人生は自分で作っていくものであり、何かに頼る必要はありません。常に自分発信でいてください。

多くの人は、欲求を押さえ込み、お金のために働いたり、将来のために貯金をしていることでしょう。しかし、もっと楽に、自由に生きるためには、好きなことをやることです。自分を抑えて、嫌なことばかりやっていると、欲求不満に陥るのは当然です。とにかく好きなことに手をつけてみてください。流行っているからとか、周囲の人がやっているからとかではなく、本当に自分がやってみたいことをやってみてください。何かに依存して無駄な時間を過ごすことはなくなります。

人生をもっと楽に、楽しくする方法があります。ぜひこちらをご覧ください。
人間ゲーム設定変更メソッド 〜究極の願望実現法〜
「したい」からやる 「しなければならない」では失敗する

オナニー依存症から抜け出す でした

性依存症に関するサイト
これは怖い…身の毛もよだつ「セックス依存症」の真実
セックス依存症チェック
性依存症(Wikipedia)
51455EAA-50BF-11E5-8ACD-A1DEADEB16B9_m.jpg

オナニーの有害性カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフォメーション1

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © オナ禁マンの成功法則 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。