オナニーの害についての論文 - オナ禁マンの成功法則

サイト移転しました



  サイト移転しました。

  ⇒オナ禁マンの成功法則

  自動的に新しいサイトへジャンプします

オナニーの害についての論文

オナニーには害 がある・・・
6018204821_a20b785391_b.jpg

この事実については、皆さんも実感していると思います。”オナ禁をしよう”と思っている意識があるということは、その反対に”オナニーは有害だ”という意識があり、現状を抜け出したいと考えているはずです。


最短で願望実現する方法
パブー:こちら ・DLmarket:こちら
この本について


いくらテレビやネット上で、
オナニーにはなどない
・若いうちは毎日やっても大丈夫
・1日何回やっても害はない
・禁欲でストレスをためる方が悪い
・性行為の準備としてオナニーは不可欠だ
・体の成長には何の影響も与えない
・精液に含まれるタンパク質など微少で、体にはほとんど影響はない
・オナ禁で前立腺ガンになりやすくなる
・精子が作られなくなってしまう
・オナ禁でモテるなんてありえない
・モテてるヤツもオナニーやりまくってる・・・・・・


などと、オナ禁無意味論を並べられても、自分自身の考え方、感情、体の状態を大事にしましょう。他人の意見や体験はあまり重要視しなくていいんです。実際、オナニーをしていても、健康な人、モテる人もいるでしょう。今良くても、後後悪影響が出る場合もありますが・・他人は他人、自分は自分です。オナ禁した方がよさそうだと直感的に思ったら実践しましょう。

オナニーの害に関する論文もある


オナニーの害についてですが、オナニーの有害性は日本ではあまり語られていませんが、実際、海外の研究においては有害性が認められており、注意を促しています。

私は事実だと思います。
オナニーは有害!

この研究内容を発表することで、儲かる人などいません。もし、何かしらの業界と裏でつながっているとしたら、
「オナニーに害などなく、いくらやってもいい。むしろ健康的でOK!!」という結論を出してもおかしくありません。そうすれば、アダルト業界、性欲増加サプリメント業者は儲かりますし、オナニーが原因で起こる体の不調、病気を治療する薬も売れます。

製薬会社は、病気の治療ための薬を開発するというより、新たな病気を発見(無理やり捏造)し、患者をあぶり出し、薬を売りつけます。”人間を堕落させ、病気にさせたい”のです。”健康な人まで、薬漬けにして中毒状態にしてしまいたい”のです。

話がズレました。

オナニー有害論の発表で得をする人はいないということであり、オナニー健康論よりは信頼できるということです。

オナニー有害論について書かれた記事があります。(個人の意見、知識を元にした回答、解釈であり100%信頼できるものではありません)

↓   ↓   ↓

Yahoo知恵袋 オナニーの有害性についての質問と回答

オナニーの害についての論文要点


・精液は、短期間のうちに容易く製造される、ただのタンパク質ではない。
・男性の草食化は、”AVの氾濫と過度な射精”が原因で精子の製造に異常アリが原因の一つ。
・過度なオナニーを習慣化していると、女性からの評価が下がる(表情のみで判断)
・過度なオナニーは、集中力、記憶力を大幅に減少させる。
・過度なオナニーは体の成長を狂わせ、最終的に平均身長は低くなる。
・厚生省は、これらの事実を今も公表していない。


なかなかここまではっきりとオナニーの有害性を、論文内容を元に述べている記事はないと思います。多くのサイトやブログ、掲示板では個人の実験記録、個人の体験談を公開しているだけですから、この回答は価値のある内容だとおもいますよ。

もちろんこの知恵袋の回答がすべて真実だと断言できませんが・・・かなり参考になると思いますし、オナニーの有害性をより深く理解出来ると思います。

オナニーの害についての論文 でした
オナ禁マン
51455EAA-50BF-11E5-8ACD-A1DEADEB16B9_m.jpg

タグキーワード
オナニーの有害性カテゴリの最新記事
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インフォメーション1

インフォメーション2

インフォメーション3

Copyright © オナ禁マンの成功法則 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。